短刀 来国光/刀販売.com

短刀 無銘 来国光
(附)金梨子地葵紋散葵紋金具一作短刀拵
 Tantou(Rai-Kunimitsu)
詳細説明
来国光は通説に来国俊の子と伝え、鎌倉時代末葉より南北朝時代前期にかけて活躍し、現存する作刀に見る制作年紀の上限は嘉暦元年で、下限は観応二年である。彼には、伝統的な真の直刃のほか、直刃調に小互の目・小丁子を交えるもの、直刃調に小乱れごころのもの、のたれ調に互の目を交えるもの、互の目主調の乱れのものなどがあって作風が多岐に亘っている。この短刀は互の目主調の乱れ出来で刃中金筋・砂流しかかり非常に出来が優れる。金梨子地葵紋散葵紋金具一作短刀拵が附帯している。
特別保存刀剣
NBTHK Tokubetsu 
Hozon Paper
日本美術刀剣保存協会
特別保存刀剣鑑定書
NO.K00179
刃長:29.1cm
(9寸6分) 
反り:僅か
元幅:2.7cm
元重:0.5cm
¥3,800,000円
(税・国内送料込)
国:山城国(京都府)
時代:鎌倉
時代末期〜南北朝時代前期
登録証
福井県
昭和41年
形状平造、庵棟、身幅広く、反り深くつき、寸延びとなる。
:板目肌に杢交じり、処々流れた肌交え、地沸厚くつき、地景細かく入り、かね明るい。
刃文:直刃調の乱れとなり、喰違刃風を見せ、少し飛焼が湯走りかかり、匂口明るく冴える。
帽子:直ぐ小丸に長めに返る。
彫物:棒樋と添樋を掻き流す。
茎:磨上、先切り、鑢目勝手下がり、目釘孔一。
付属品:金梨子地葵紋散葵紋金具一作短刀拵・白鞘・金着二重ハバキ

▼クリックして拡大画像をご覧いただけます。

 

▼クリックして大きな画像をご覧いただけます。

 

【刀一覧ページへ】

日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売丸英
gotyumon470_03gotyumon470_04
gotyumon470_05gotyumon470_06

gotyumon470_13gotyumon470_14gotyumon470_15

gotyumon470_07gotyumon470_08gotyumon470_09
gotyumon470_10gotyumon470_11gotyumon470_12

日本刀刀剣販売丸英マルヒデ刀剣取扱い企業|日本刀 販売|高価買取の丸英