重要刀剣 志津/刀販売.com

刀 無銘 志津
(附)黒呂漆塗鞘葵紋金具一作拵
Katana(Shizu)
詳細説明
志津とは元来、美濃国の地名であるが、美濃国志津に正宗の門人兼氏が来住して作刀したことから、地名をとって志津三郎兼氏と呼称している。従って、単に志津と呼んだ場合、兼氏を意味することになる。古来、彼は正宗十哲の一人に数えられ、それらの中にあって正宗に最も近い作風を示す刀工の一人である。この刀は、相州上工を思わせる作域をみせているが、鍛えに柾気が看取され、刃文には処々に尖りごころの刃交じり、帽子は大丸風に浅く返るなど志津と鑑すべきところがある。保存状態・出来共に優れ、付帯する葵紋金具一作拵も素晴らしい。
第46回重要刀剣
NBTHK

No,46Jyuyo Paper
日本美術刀剣保存協会
重要刀剣指定書
NO.K00174
刃長:66.5cm
(2尺1寸9分4厘) 
反り:1.4cm
元幅:3.2cm
先幅:2.4cm
どうぞお問い合わせください
(送料・税込)
国:美濃国(岐阜県)
時代:南北朝時代
登録証
兵庫県
昭和31年
形状鎬造、庵棟、身幅広く、元先の幅差少なく、反り浅くつく。
:板目肌つみ、流れ肌交じり、地沸厚くつき、部分的に荒めの地沸交え、地景よく入る。
刃文:浅いのたれを主調に互の目・小のたれ・尖り刃など交じり、匂深く、沸厚くつき、処々荒めの沸よくついて湯走り風となり、金筋入り、匂口明るく冴える。
帽子:小さく乱れ込み、やや大丸ごころに浅く返る。
彫物:表裏に棒樋を掻き通す。
茎:大磨上、先切り、鑢目切り、目釘孔二中一埋。
付属品:黒呂漆塗鞘葵紋金具一作拵・白鞘・金着二重ハバキ(刀)・金着二重ハバキ(拵)

▼クリックして拡大画像をご覧いただけます。

黒呂漆塗葵紋金具一作拵

 

▼クリックして大きな画像をご覧いただけます。

黒呂漆塗葵紋金具一作拵黒呂漆塗葵紋金具一作拵葵紋金具(縁頭)葵紋金具(縁頭)葵紋金具(目貫)葵紋金具(目貫)葵紋金具(鐔)葵紋金具(鐔)葵紋金具(小柄・笄)重要刀剣図譜重要刀剣図譜

【刀一覧ページへ】

日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売丸英
gotyumon470_03gotyumon470_04
gotyumon470_05
gotyumon470_06
gotyumon470_13gotyumon470_14gotyumon470_15

gotyumon470_07gotyumon470_08gotyumon470_09
gotyumon470_10gotyumon470_11gotyumon470_12

日本刀刀剣販売丸英マルヒデ刀剣取扱い企業|日本刀 販売|高価買取の丸英