刀 宗 勉

  刀 花菖蒲 宗勉作   昭和六十三年二月日
  Katana(Soh-Tsutomu)
詳細説明
宗勉刀匠は、本名を宗勝といい、昭和2年に生まれる。昭和21年、父の宗正光刀匠に師事し、昭和30年より新作名刀展に出品し、文化庁長官賞、薫山賞などを数多くの特賞を受賞し、平成2年に無鑑査の認定を受ける。作風は、左文字・虎徹を範として沸の強く、金筋・砂流しのよく働いた相州伝を得意とし、特に、源清麿写しは有名であり、「清麿の宗勉」と称呼された。晩年には越前守助広の濤欄刃にも挑戦され、平成27年2月24日他界ご逝去されました。本作は、宗勉刀匠が最も得意とした源清麿写しで、互の目乱れとなり、沸が強くつき、金筋、砂流しが盛んに入り、覇気に溢れ、出来が見事である。宗勉刀匠が傑作に一振で「花菖蒲」と号を付けている。平造の刀も珍しく貴重な刀となっている。
無鑑査 Mukansa 
NO.K0082 
刃長:72.60cm (2尺3寸9分)反り:2.2cm
元幅:
3.2cm  元重:0.6cm
売約済
(税・国内送料込) 
:福岡県
時代
現代ー平成27年2月24日逝去 
登録証
福岡県
平成元年4月20日発行
形状:平造・庵棟・身幅広く・反りやや深くつき先反りとなる。
:板目肌に杢交え、地沸厚くつき、地景入る。
刃文:互の目に小互の目交え、乱れ刃となり、湯走り風の飛び焼き盛んに交り、金筋、砂流しかかり、荒沸つく。
帽子:乱れ込み、掃きかける。
:表裏棒樋を掻き流す。
:生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢目筋違、目釘孔一
白鞘・金着二重ハバキ

▼クリックして拡大画像をご覧いただけます。
日本刀買取販売 丸英 刀 宗 勉
【商品紹介:刀ページへ】

日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売の丸英美術刀剣店
gotyumon470_03gotyumon470_04gotyumon470_05gotyumon470_06

gotyumon470_07gotyumon470_08gotyumon470_09gotyumon470_10gotyumon470_11gotyumon470_12 日本刀刀剣販売丸英マルヒデ刀剣取扱い企業gotyumon470_13gotyumon470_14gotyumon470_15