刀 包氏(大和志津)/刀販売.com

刀 金粉銘 包氏(大和志津)
本阿弥(花押)(光遜)
  Katana(Kaneuzi(Yamato-Shizu))
詳細説明
包氏は元来、志津三郎兼氏の改銘前、大和在住時代の名えあるが、一門の中には兼氏に同行せず大和に残留した刀工達がおり、その中に包氏の銘跡を継承したものがいる。南北朝時代の包氏銘のものは短刀が数点現存して、それらには観応・貞治の年紀作があり、作風にはのたれや中には皆焼風のものもあり、作風は一様ではない。
第64回重要刀剣
NBTHK

No,64Jyuyo Paper
公益財団法人日本美術刀剣保存協会
64回重要刀剣指定書
NO.K00177
刃長:64.6cm
(2尺1寸3分1厘) 
反り:1.5cm
元幅:3.05cm
先幅:2.35cm
どうぞお問い合わせください
(送料・税込)
国:美濃国(岐阜県)
時代:南北朝時代
登録証
東京都
平成26年
形状鎬造、庵棟、身幅広く、元先の幅差少なく、反りつき、中鋒大きく延びる。
:板目に杢目交え、部分的に大きく流れて柾がかり、地沸微塵に厚くつき、地景頻りに入る。
刃文:浅い小のたれが連れ、部分的にのたれが角がかり、沸よくつき、刃縁処々ほつれ、金筋・砂流し細かにかかり、匂口明るい。
帽子:浅くのたれ込み、表はやや先の丸み大きく返り、裏は沸崩れ状となる。
彫物:表裏に棒樋を掻き通す。
茎:大磨上、先切り、鑢目切り、目釘孔三。
付属品:白鞘(田野辺道宏先生鞘書)

▼クリックして拡大画像をご覧いただけます。
刀 大和志津

 

 

▼クリックして大きな画像をご覧いただけます。

田野辺道宏先生鞘書第64回重要刀剣図譜

【刀一覧ページへ】

日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売丸英
gotyumon470_03gotyumon470_04
gotyumon470_05
gotyumon470_06
gotyumon470_13gotyumon470_14gotyumon470_15

gotyumon470_07gotyumon470_08gotyumon470_09
gotyumon470_10gotyumon470_11gotyumon470_12

日本刀刀剣販売丸英マルヒデ刀剣取扱い企業|日本刀 販売|高価買取の丸英