吉岡因幡介一作 黒蠟色塗鞘大小拵

第36回重要刀装
  黒蠟色塗鞘大小拵 吉岡因幡介一作
  Daisyoukshirae(Yoshioka-Inaba-no-suke)
詳細説明
総金具は吉岡因幡介の一作で、赤銅魚子地に稲穂文を主題としている。吉岡家は徳川家康に仕えた初代重次以来、徳川幕府の抱工として幕末まで続いた金工の名門である。
第三十六回重要刀装
NBTHK Jyuyo Paper No.36

(公財)日本美術刀剣保存協会
第36回重要刀装指定書

平成2年5月25日指定
NO.C0012
(大)総長:94.4cm 総反り:3.8cm 柄長さ 25.3cm
柄反り:0.4cm  鞘長さ:68.5cm  鞘反り:1.5cm

(小)総長:74.2cm 総反り:2.2cm 柄長さ 16.3cm
柄反り:0.2cm  鞘長さ:57.3cm  鞘反り:1.2cm

売約済
(税・国内送料込)
時代:江戸時代中期~後期
形状:縁頭 稲穂図、赤銅、魚子地、高彫金色絵、大小縁銘 吉岡因幡介。
目貫:稲穂図、赤銅地、容彫金色絵。
鐔:稲穂図、丸形、赤銅魚子地、高彫金色絵、両櫃孔(大は両櫃孔金埋、小は片櫃孔金埋)大小銘 吉岡因幡介。
小の小柄:稲穂図、赤銅、魚子地、高彫金、青金色絵、裏青金哺。銘 吉岡因幡介。
柄:白鮫着、黒糸つまみ巻。

鞘:黒蠟色塗、角所黒塗、栗形に大は鍍金小刻二重刻入玉縁、小は小刻一重刻入玉縁。
下緒:黒平打組。

吉岡因幡介大小拵

吉岡因幡介大小拵

▼クリックして大きな画像をご覧いただけます。

吉岡因幡介大小拵吉岡因幡介大小拵吉岡因幡介大小拵吉岡因幡介大小拵吉岡因幡介大小拵吉岡因幡介大小拵吉岡因幡介大小拵吉岡因幡介大小拵吉岡因幡介大小拵吉岡因幡介大小拵吉岡因幡介大小拵吉岡因幡介大小拵吉岡因幡介大小拵吉岡因幡介大小拵吉岡因幡介大小拵吉岡因幡介大小拵吉岡因幡介大小拵吉岡因幡介大小拵吉岡因幡介大小拵吉岡因幡介大小拵吉岡因幡介大小拵吉岡因幡介大小拵

【商品紹介:刀装具ページへ】

日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売丸英
gotyumon470_03gotyumon470_04
gotyumon470_05gotyumon470_06

gotyumon470_13gotyumon470_14gotyumon470_15

gotyumon470_07gotyumon470_08gotyumon470_09
gotyumon470_10gotyumon470_11gotyumon470_12

日本刀刀剣販売丸英マルヒデ刀剣取扱い企業|日本刀 販売|高価買取の丸英