重要刀剣 脇指 出羽大掾藤原国路/刀販売.com

第61回重要刀剣
(公財)日本美術刀剣保存協会 本部鑑定刀
脇指 銘 出羽大掾藤原国路
Wakizashi(Deba-Daijyo-Kunimichi)
詳細説明
出羽大掾国路は堀川国広門下の高足の一人で、「慶長十八年三月」以降「同二十年三月」以前の間に出羽大掾を受領したものと思われる。国広門下中随一の器用人であり、相州伝を最も得意とし、志津や左文字などを模したものに優品が多い。本作は国路が得意とした相州伝を焼き、堂々とした姿、大模様の刃文など彼の魅力が詰まった同作中の優品である。
第61回重要刀剣
NBTHK No.61 Jyuyou Paper

(公財)日本美術刀剣保存協会
重要刀剣指定書
NO.K00112
刃長:38.2cm (1尺2寸6分) 反り:0.8cm
元幅:3.05cm 元重:0.4cm
参考品
国:山城国(京都府)
時代:江戸
時代前期
登録証
 
形状:平造、庵棟、身幅広く、大きく寸延び、重ね厚く、反りやや深くつく。
:板目に杢目・流れ肌を交え、総体に肌立ち、地沸厚くつき、地景頻りに入る。
刃文:のたれに
互の目・丁子が交じり、総じて焼き高く、焼きの高低が目立ち、足・葉入り、部分的にやや逆がかり、沸厚くつき、処々飛焼かかり、金筋・砂流し頻りにかかり、匂口明るい
帽子:浅くのたれ込み、先尖りごころにやや深く返る。

彫物:表は腰樋を丸止めとした中に素剣を浮彫にし、その上に梵字、下には爪を配する。裏は腰樋に添樋を丸止めにし、その上に梵字を配する。
:生ぶ、先栗尻、鑢目大筋違に化粧風の磨出しつく、目釘孔一。
白鞘・金着二重ハバキ

▼クリックして拡大画像をご覧いただけます。
脇指 出羽大掾藤原国路

▼クリックして大きな画像をご覧いただけます。

脇指 出羽大掾国路脇指 出羽大掾国路脇指 出羽大掾藤原国路

【刀一覧ページへ】

日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売丸英
gotyumon470_03gotyumon470_04
gotyumon470_05gotyumon470_06

gotyumon470_13gotyumon470_14gotyumon470_15

gotyumon470_07gotyumon470_08gotyumon470_09
gotyumon470_10gotyumon470_11gotyumon470_12

日本刀刀剣販売丸英マルヒデ刀剣取扱い企業|日本刀 販売|高価買取の丸英