刀 月山貞勝 寺内寿一元帥所持 

陸軍元帥 寺内寿一所持
刀 銘 受命陸軍大将寺内寿一閣下
     大阪住月山貞勝謹作(花押)
  昭和十一年八月吉日
(切付銘)於南朝之地芳山勝手明神之斎戎沐浴作之太阿源貞一刻
Katana(Gassan-Sadakatsu)
詳細説明

月山は建久頃(平安時代後期)に出羽国月山の霊場に住んだ鬼王丸を祖とすると云われ、以来、月山のふもとでは刀鍛冶が栄え、その後、月山銘は室町時代後期には全国に広まり、この刀工集団を「月山鍛冶」という。その後、江戸時代後期に、一門の弥八郎貞吉(月山貞吉)は大阪に移住しその養子の弥五郎貞一(初代貞一)は月山に特徴的な「綾杉肌」を復元して、明治39年には当時刀鍛冶としては最高の名誉である「帝室技芸員」に任命され、宮内省御用刀匠となる。月山貞勝は明治二年、初代名匠月山貞一の長男として生まれ、皇太子殿下、皇孫殿下の守護刀なども手がけ、数多くの皇室御用刀を作刀している。この刀は寺内寿一元帥が廣田内閣当時陸軍大臣に就任した時お祝いに月山貞勝刀匠に作刀を依頼した非常に貴重な一振りである。後に息子である人間国宝の月山貞一刀匠が月山家ご本尊の吉野山勝手明神にて斎戒沐浴の上祈願している。元帥が所持した刀は非常に人気が高く、あまり市場に出回ることはない。元帥刀と言われる刀はその多くが所在が不明で大変貴重なものとなっている。

保存刀剣
NBTHK Hozon 
Paper
(公財)日本美術刀剣保存協会
保存刀剣鑑定書
NO.K00125
刃長:68.3cm (2尺2寸5分) 反り:2.2cm
元幅:2.7cm 先幅:1.7㎝ 重ね0.78cm  
参考品
国:大阪府
時代:昭和
登録証
栃木県
平成29年
形状鎬造、庵棟、身幅ほぼ尋常、中鋒
:綾杉肌、地沸つく。
刃文:中直刃に小互の目、小のたれ、金筋・砂流し交え、匂勝ち小沸つく。

帽子:直ぐに小丸に返る。
:生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢目化粧鑢に筋違、目釘孔一
白鞘(人間国宝 月山貞一鞘書・寒山先生鞘書)・桐箱(本人箱書)・金着二重ハバキ

▼クリックして拡大画像をご覧いただけます。
月山貞勝

▼クリックして大きな画像をご覧いただけます。

月山貞勝月山貞勝月山貞勝月山貞勝月山貞勝

【刀一覧ページへ】

日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売丸英
gotyumon470_03gotyumon470_04
gotyumon470_05gotyumon470_06

gotyumon470_13gotyumon470_14gotyumon470_15

gotyumon470_07gotyumon470_08gotyumon470_09
gotyumon470_10gotyumon470_11gotyumon470_12

日本刀刀剣販売丸英マルヒデ刀剣取扱い企業|日本刀 販売|高価買取の丸英