短刀 長谷部国重/刀販売.com

 

短刀 銘 長谷部国重
Tanto(Hasebe-Kunishige)
詳細説明
長谷部国重は南北朝期を代表する山城国の名工として知られ、正宗十哲の一人と伝えられています。作風は前時代までの京物とは趣を異にし、相州風の皆焼や大乱れの刃文を焼き、同時代の相州鍛冶、広光・秋広に似通ったものですが、長谷部派は板目鍛えが刃寄り、棟寄りは柾がかって流れ、刃中に砂流しが目立つものです。
第47回重要刀剣
NBTHK No,47Jyuyo Paper

(公財)日本美術刀剣保存協会
第47回重要刀剣指定書
NO.K00118
刃長:28.8cm (9寸5分) 反り:0.2cm 元幅:2.75cm
Sold out
国:山城国(京都府)
時代:南北朝時代
登録証
大阪府
平成5年1月28日
形状平造、三ツ棟、寸延びて、重ね薄く、浅く反りつく。
:板目に流れ肌交じり、肌立ちごころとなり、地沸つき、地景入る。

刃文:焼幅広く、のたれを主調に互の目・尖りごころの刃など交じり、刃沸強く、焼頭総じて沸崩れ、金筋・砂流し頻りにかかり、湯走り・飛焼入り、特に上半目立ち、帽子の返りより繋がる棟焼と相俟って皆焼状を呈す。

帽子:浅く乱れ込み、大丸風となり、先掃きかけ、返りを長く焼き下げて棟焼に繋がる。
彫物:表に梵字とその下に梵字らしき彫の痕跡があり、裏に護摩箸を掻き流す。
:生ぶ、先浅い栗尻、鑢目切り(茎上半にせん鋤鑢がある)、目釘孔二
白鞘・黒漆塗千段刻鞘短刀拵・金着二重ハバキ

 

▼クリックして拡大画像をご覧いただけます。
長谷部国重

▼クリックして大きな画像をご覧いただけます。

長谷部国重長谷部国重長谷部国重

【刀一覧ページへ】

日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売丸英
gotyumon470_03gotyumon470_04
gotyumon470_05gotyumon470_06

gotyumon470_13gotyumon470_14gotyumon470_15

gotyumon470_07gotyumon470_08gotyumon470_09
gotyumon470_10gotyumon470_11gotyumon470_12

日本刀刀剣販売丸英マルヒデ刀剣取扱い企業|日本刀 販売|高価買取の丸英