太刀 長船景光

第十三回特別重要刀剣
太刀 銘 備州長□□景光
嘉暦□年八月日
Tachi(Kagemitsu)
詳細説明
備前長船景光は光忠-長光に続く長船の嫡流三代目であり、技量は卓抜であって、特色ある片落ち互の目を創始して名高い。現存する年紀は嘉元から建武まで見られ、その作風は太刀姿が尋常かやや細身で、直刃や片落ちの互の目など焼き、概して長光より穏やかな出来口が多いが、鍛えは長光より優る。本作は(号 秋月)と古来より呼され、景光に於いては華やかな
作域を示しており、国宝 小龍景光に姿・刃文・鍛えが極似し、出来が頗るよく、嘉暦の年紀が好資料である。景光の最高傑作の一振に挙げられる。
故人間国宝刀匠 天田昭次先生の箱書きがある桐箱が付帯する。
第13回特別重要刀剣
NBTHK NO.13Tokubetsu Jyuyou Paper

(公財)日本美術刀剣保存協会
第13回特別重要刀剣指定書
NO.K00109
刃長:76.4cm (2尺5寸2分) 反り:3.0cm
元幅:2.9cm 先幅:2.0cm 元重:0.7cm
参考品
国:備前国(東京都)
時代:鎌倉
時代末期
登録証
東京都
昭和26年2月26日
形状鎬造、庵棟、身幅広く、腰反りつく。
:小板目肌つみ、処々大肌交じり、地沸細かにつき、乱れ映り立つ。
刃文:互の目に丁子刃・小のたれ交じり、小足・葉しきりに入り、匂口明るく小沸つく。
帽子:浅くのたれて先小丸ごころに返る。
:磨上、先浅い刃上がり栗尻、鑢目筋違、目釘孔三
白鞘(薫山先生鞘書有)・金着一重ハバキ・桐箱(天田昭次先生箱書有)・共箱

▼クリックして拡大画像をご覧いただけます。
太刀 長船景光

▼クリックして大きな画像をご覧いただけます。

日本の名刀所載国宝 小龍景光 参考資料 昭和大名刀図譜より転載太刀 長船景光太刀 長船景光 刀絵図故人間国宝 天田昭次刀匠箱書故人間国宝 天田昭次刀匠箱書太刀 景光 桐箱太刀 景光 共箱太刀 景光 ハバキ太刀 景光 ハバキ佐藤薫山先生鞘書

【刀一覧ページへ】

日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売丸英
gotyumon470_03gotyumon470_04
gotyumon470_05gotyumon470_06

gotyumon470_13gotyumon470_14gotyumon470_15

gotyumon470_07gotyumon470_08gotyumon470_09
gotyumon470_10gotyumon470_11gotyumon470_12

日本刀刀剣販売丸英マルヒデ刀剣取扱い企業|日本刀 販売|高価買取の丸英