菊水刀 湊川正直/刀販売.com

刀 銘 (菊水紋)湊川神社正直
    昭和十八年三月日
 Kikusuitou(Minatogawa-Masanao)
詳細説明

正直は森脇守光の門弟で、岡田正直という。鍛錬会(靖国神社)で修行した日立金属(株)安来工場の村上道政(銘:正忠)・ 森脇要(銘:森光)の両氏は、昭和15年、湊川神社の御用刀匠となり海軍士官用軍刀を作刀した。此処で作刀された刀のハバキと茎には菊水紋が彫られ、「菊水刀」と呼ばれた。中国・南陽の甘谷の流水が、菊の滋液を含んだ長寿の妙薬との故事から案出された菊花と流水を組み合わせた図案。
南北朝時代、楠木正成は建武の功によって菊紋を下賜されたが、畏れ多いとして下半分を水に流した菊水紋を家紋とした。
後醍醐帝に忠誠して湊川の戦いで自決した正成は、その死後、南朝が正当化されるに及び「大楠公」として忠臣の鑑となった。
これが湊川神社の創建に繋がる。
大東亜戦では、天皇と国家への忠誠の証しとして特攻機や特攻艦艇にこの菊水紋が描かれた。「菊水紋」は忠誠心の象徴だった。

保存刀剣
NBTHK Hozon 
Paper
(公財)日本美術刀剣保存協会
保存刀剣鑑定書
NO.K00126
刃長:64.3cm (2尺1寸2分) 反り:1.8cm
元幅:2.7cm 先幅:1.7㎝ 重ね0.78cm  
参考品
国:兵庫県
時代:昭和
登録証
滋賀県
昭和62年
形状鎬造、庵棟、身幅ほぼ尋常、中鋒
:板目肌に杢交え、地沸つく。
刃文:のたれ調に小互の目、小のたれ交え、匂勝ち小沸つく。

帽子:直ぐに小丸に返る。
:生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢目切、目釘孔一
白鞘・菊水紋入り銅一重ハバキ

▼クリックして拡大画像をご覧いただけます。
菊水刀 湊川正直

▼クリックして大きな画像をご覧いただけます。

菊水刀 湊川正直

【刀一覧ページへ】

日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売丸英
gotyumon470_03gotyumon470_04
gotyumon470_05gotyumon470_06

gotyumon470_13gotyumon470_14gotyumon470_15

gotyumon470_07gotyumon470_08gotyumon470_09
gotyumon470_10gotyumon470_11gotyumon470_12

日本刀刀剣販売丸英マルヒデ刀剣取扱い企業|日本刀 販売|高価買取の丸英