鉄錆地三十二間星筋兜鉢 銘 明珍宗信

鉄錆地三十二間星筋兜鉢
銘 明珍宗信(花押)
正保元年八月日

Kabuto-bachi(Myochin Munenobu)
参考品
No.m0004
時代:江戸時代初期
形状:兜ー鉄錆地三十二間星筋兜鉢 銘 明珍宗信(花押)
   面具ー鉄地 垂ー鉄地に黒漆塗
詳細説明
明珍家は最も有名な甲冑師である。義通・信家など名工を数多く輩出している。
元は京都で馬の轡師で、室町時代くらいから鐔を作るようになったという。安土桃山時代に宗広が具足のほか、火箸・鐶などを手がけるようになる。江戸時代になると明珍宗信が江戸に居を構えるようになった。元禄・宝永の頃に明珍家中興の祖である明珍宗介が、系図や家伝書を整備するなどして家元制度を整えたり、古甲冑を自家先祖製作とする極書を発行しその権威付けを始めた。
この兜鉢は明珍宗信の在銘の星兜である。鉢の正面には天照大神宮・八幡大菩薩・春日大明神・愛宕大菩薩の刻印、左右には梵字の刻印、後方には氏神の刻印が施されている。鉢裏側正面には明珍宗信(花押)の銘が入れられ、後方には正保元年八月日と刻まれている。星兜は明珍系の甲冑師が得意としていたものである。その技量の高さが窺える兜となっている。

明珍宗信

▼クリックして大きな画像をご覧いただけます。
明珍宗信明珍宗信明珍宗信明珍宗信明珍宗信明珍宗信明珍宗信明珍宗信

 

 

【商品紹介:甲冑ページへ】 【商品紹介:火縄銃その他ページへ】

日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売丸英
gotyumon470_03gotyumon470_04
gotyumon470_05gotyumon470_06

gotyumon470_13gotyumon470_14gotyumon470_15

gotyumon470_07gotyumon470_08gotyumon470_09
gotyumon470_10gotyumon470_11gotyumon470_12

日本刀刀剣販売丸英マルヒデ刀剣取扱い企業|日本刀 販売|高価買取の丸英