初代忠吉

刀 銘 肥前国忠吉
Katana(Tadayoshi(
First generation))
詳細説明
初代忠吉は、橋本新左衛門と称し、肥前鍋島藩の抱え工で、慶長元年藩藩命により一門の宗長と共に京の埋忠明寿の門に入り、忠吉は鍛刀、宗長は彫技を学んだ。同三年に帰国し、佐賀城下に住し、藩のもと大いに栄えた。元和十年、再度上洛して武蔵大掾を受領し、名を忠広と改めた。寛永九年八月十五日に歿したといわれている。この刀は、通常経眼する初代忠吉の作柄とはやや趣を異にするものであるが、直刃調に処々浅くのたれて互の目が交じり、焼の上に飛焼交え、小足・葉が入り、匂口がしまりごころに小沸がついてややむらとなり、砂流しがかかるなどの出来口は、彼の最初期に見られる作域に相通じるものがある。放胆な風を示した彼の一作風で出来がよく、殊に古色の感じられる地鉄は一段と優れている。年紀はないが、銘振りから鑑て、おそらく慶長十一年頃の作と思われる。
第35回重要刀剣
NBTHK

No,35Jyuyo Paper
日本美術刀剣保存協会
第35回重要刀剣指定書
NO.K00151
刃長:71.65.cm
(2尺3寸6分4厘) 
反り:2.1cm
元幅:2.8cm先幅:2.15cm 元重:0.7cm 先重:0.5cm
どうぞお問い
合わせ下さい
国:肥前国(佐賀県)
時代:江戸時代初期
登録証
長崎県
形状鎬造、庵棟、身幅やや広く、身幅の割に鎬幅広く、鎬高め、やや長寸で、反り深くつき、中鋒延びごころ。
:板目つみ、杢交じり、地沸よくつき、地景細かに入り、沸映り風がある。
刃文:直刃調、処々浅く小さくのたれて小互の目交じり、小足よく入り、葉交じり、匂口しまりごころに小沸つき、ややむらとなり、砂流し・湯走り風の二重刃かかり、飛焼交じり、匂口明るい。

帽子:直ぐごころに一文字風に返り、先掃きかける。
:生ぶ、先栗尻、鑢目浅い勝手下り、目釘孔一。
白鞘・金着二重ハバキ

▼クリックして拡大画像をご覧いただけます。
肥前国忠吉

▼クリックして大きな画像をご覧いただけます。

肥前国忠吉(初代)

【刀一覧ページへ】

日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売丸英
gotyumon470_03gotyumon470_04
gotyumon470_05gotyumon470_06

gotyumon470_13gotyumon470_14gotyumon470_15

gotyumon470_07gotyumon470_08gotyumon470_09
gotyumon470_10gotyumon470_11gotyumon470_12

日本刀刀剣販売丸英マルヒデ刀剣取扱い企業|日本刀 販売|高価買取の丸英