重要刀剣 最上作 刀 津田越前守助広

 

最上作
越前守助広大鑑所載
刀 津田越前守助広
  Katana(Tsuda-Echizen-no-kami-Sukehiro)
詳細説明

津田越前守助広は、寛文14年摂州打出村に生まれ、通称甚之丞といい、初代そぼろ助広の門に学び、明暦元年師没後、2代目を継いだ。明暦3年越前守を受領し、寛文7年には大阪城代青山因幡守宗俊に召し抱えられ、天正2年46歳で没している。作風は初期には石堂風の丁字乱れを焼き、ついで互の目乱れを焼き、更に濤瀾という独特の刃文を創始するに至り、一世を風靡した。本作は越前守助広大鑑に所載されている代表作で寛文12年から延宝元年にかけての作品で、濤瀾刃となり匂口明るく冴えて出来がよい。

第29回重要刀剣
NBTHK

No,29Jyuyo Paper
(公財)日本美術刀剣保存協会
重要刀剣指定書
NO.K00189
刃長:75.2cm
(2尺4寸8分) 
反り:1.7cm
元幅:3.1cm
先幅:1.8cm
元重:0.7cm
HOLD
国:摂津国
時代:江戸時代延宝頃 
登録証
鹿児島県
形状鎬造、庵棟、元先の幅差つき、反り浅く、中鋒。
:小板目つみ、地沸細かによくつき、地景入り、冴える。
刃文:直ぐに焼出し、その上は濤瀾乱れ、足入り、匂深く、小沸厚くつき、匂口明るく冴え、刃中砂流しかかる。
帽子:焼き深く直ぐに小丸。
茎:生ぶ、先入山形、鑢目化粧・筋違、目釘孔1
付属品:白鞘・金着二重ハバキ

▼クリックして拡大画像をご覧いただけます。

​​

 

 

【刀一覧ページへ】

日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売丸英
gotyumon470_03gotyumon470_04
gotyumon470_05gotyumon470_06

gotyumon470_13gotyumon470_14gotyumon470_15

gotyumon470_07gotyumon470_08gotyumon470_09
gotyumon470_10gotyumon470_11gotyumon470_12

日本刀刀剣販売丸英マルヒデ刀剣取扱い企業|日本刀 販売|高価買取の丸英