脇指 銘 横山上野大掾藤原祐定 備州長船住人

脇指 銘 横山上野大掾藤原祐定  備州長船住人
 (附)黒呂漆塗鞘脇指拵 
  Wakizashi(Ypkoyama-Sukesada)
詳細説明
上野大掾祐定は七兵衛尉祐定の子で、備前新刀を代表する刀工として著名です。その作風 は、小板目肌がよく詰んだ鍛えに穏やかな直刃、互の目に丁子を交えるもの、末備前風の複式互の目などを焼いており、万治から正徳頃にかけての作品を残しています。
この脇指は小板目微麗によくつみ、地沸つき、刃文は互の目丁子に蟹の爪刃を交え、小足入り、小沸よくつき、地刃共に健全で、黒呂漆塗鞘脇指拵が付帯する。
保存刀剣
NBTHK Hozon Paper

(公財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書
NO.K0094
刃長:52.4cm (1尺7寸2分) 反り:1.2cm
元幅:2.6cm 先幅:1.6cm 元重:0.7cm
売約済
(税・国内送料込)
:備前国(岡山県)
時代:江戸
時代初期
登録証
東京都
平成23年6月14日再交付
形状:鎬造、庵棟、身幅広く、重ね厚く、中切先延びる。
:小板目肌よくつみ、地沸つく。
刃文:直ぐに焼き出し、その上から互の目・小丁子など交え蟹の爪刃となり、大きく乱れ、匂い勝ち小沸つく。
帽子:直ぐに小丸、深く返る。
彫物:表裏棒樋を丸止め。
:生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢目勝手下がり、目釘孔一
白鞘・黒呂漆塗鞘脇指拵・銅一重ハバキ

▼クリックして拡大画像をご覧いただけます。
横山祐定

▼クリックして大きな画像をご覧いただけます。

横山祐定横山祐定横山祐定横山祐定横山祐定横山祐定横山祐定横山祐定横山祐定横山祐定

【刀一覧ページへ】

日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売丸英
gotyumon470_03gotyumon470_04
gotyumon470_05gotyumon470_06

gotyumon470_13gotyumon470_14gotyumon470_15

gotyumon470_07gotyumon470_08gotyumon470_09
gotyumon470_10gotyumon470_11gotyumon470_12

日本刀刀剣販売丸英マルヒデ刀剣取扱い企業|日本刀 販売|高価買取の丸英