太刀 備州長船守政

刀 備州長船守政
Tachi(Bisyu-Osahune-Morimasa)
詳細説明
備州長船守政は銘鑑では、南北朝時代の建武と貞治、室町時代の応永と永禄にその名を挙げているが、現存する作例は稀有である。この太刀は身幅がやや広く、反りが深めにつき、中鋒に結んだ姿態を呈して、鍛えは板目に杢を交えて乱れ映りが立ち、刃文は中直刃基調に小互目、小のたれ交え、砂流しかかり、小足・葉入り、匂口締りごころに小沸つく。姿と地刃の出来口から、銘鑑にいう建武頃の備州長船守政に該当するものと思われる。景光・兼光といった正系と異なる長船傍系の刀工と鑑られ、資料的にも貴重であり、優れた出来映えをあらわしている。第43回重要刀剣に同銘の太刀が指定されている。
特別保存刀剣
NBTHK Tokubetsu 
Hozon Paper
日本美術刀剣保存協会
特別保存刀剣鑑定書
NO.K00181
刃長:77.0cm
(2尺5寸4分) 
反り:2.3cm
先幅:2.0cm
元幅:2.9cm
元重:0.6cm
売約済
(税・国内送料込)
国:備前国(岡山県)
時代:南北朝時代建武頃
登録証
大分県
昭和26年
形状鎬造、庵棟、身幅やや広め、反りやや深くつき、中鋒。
:板目、流れ肌交じり、地沸つき、乱れ映りたつ。
刃文:中直刃基調に小互目、小のたれ交え、砂流しかかり、小足・葉入り、匂口締りごころとなる。
帽子:のたれ込み、小丸に返る。
彫物:棒樋を丸留め。
茎:磨上、先浅い栗尻、鑢目筋違、目釘孔二。
付属品:白鞘・金着一重ハバキ

▼クリックして拡大画像をご覧いただけます。

 

 

▼クリックして大きな画像をご覧いただけます。

【刀一覧ページへ】

日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売丸英
gotyumon470_03gotyumon470_04
gotyumon470_05gotyumon470_06

gotyumon470_13gotyumon470_14gotyumon470_15

gotyumon470_07gotyumon470_08gotyumon470_09
gotyumon470_10gotyumon470_11gotyumon470_12

日本刀刀剣販売丸英マルヒデ刀剣取扱い企業|日本刀 販売|高価買取の丸英