刀 金象嵌銘 兼光/刀販売.com

徳川将軍家→筑前黒田家伝来
刀 金象嵌銘 兼光
(附)本阿弥光常折紙
 katana(Kanemitsu
詳細説明
初代兼光は父景光の作風をうけて直刃、片落互の目を主として焼き、身幅尋常であるが、二代兼光は総じて身幅広く鋒延びて、刃文はのたれを主調としている。この刀は筑前福岡黒田家刀剣目録によると五代黒田宣政の世子・菊千代が、正徳十二月朔日、七代将軍家継の前で元服、将軍の偏諱をもらい継高と改名する。この時に本刀を賜ったと記載がある。又、昭和13年東京美術倶楽部で行われた黒田家の売り立て目録にも記載がる。本作は、元来大太刀であったものを磨上げたもので、幅広・大鋒で反りが浅く、南北朝延文頃の典型的な姿を示し、健全で出来が優れている。なお、図譜には尾張徳川家に伝来と記載があるが調査した結果、徳川将軍家から筑前黒田家に伝来したことが判明した。
第10回特別重要刀剣
NBTHK NO.10 Tokubetsu Jyuyou Paper
(公財)日本美術刀剣保存協会
第10回特別重要刀剣指定書

NO.K00120
刃長:72.8cm (2尺4寸0分) 反り:1.4cm 元幅:3.15cm
先幅:2.4cm 元重:0.7cm
参考品
国:備前国ー岡山
時代:南北朝延文頃
登録証
大阪府
昭和26年
形状鎬造、庵棟、身幅広く、元先の幅差少なく、反り浅く、大鋒。
:板目つみ、処々杢交じり、地沸つき、地景細かに入り、地斑ごころ交じり、浅く乱れ映り立つ。

刃文:指表は互の目乱れに角ばる刃・尖り刃・片落ち風の刃など交じり、裏は浅くのたれ調に互の目・角互の目交じり、足・葉入り、小沸つき、細かな砂流しかかり、匂口やや沈みごころとなる。
帽子:乱れ込み、表は尖り、裏丸く返る。

彫物:表裏に棒樋を掻き通す。
:大磨上、先切り、鑢目浅い勝手下り、目釘孔二
白鞘・金着二重ハバキ・本阿弥光常折紙付

▼クリックして拡大画像をご覧いただけます。
兼光

▼クリックして大きな画像をご覧いただけます。

兼光黒田家刀剣目録兼光兼光

【刀一覧ページへ】

日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売の丸英美術刀剣店日本刀販売丸英
gotyumon470_03gotyumon470_04
gotyumon470_05gotyumon470_06

gotyumon470_13gotyumon470_14gotyumon470_15

gotyumon470_07gotyumon470_08gotyumon470_09
gotyumon470_10gotyumon470_11gotyumon470_12

日本刀刀剣販売丸英マルヒデ刀剣取扱い企業|日本刀 販売|高価買取の丸英